« 食いだおれinソウル | トップページ | 同僚=オランダ人 »

My Husband

ビジネスクラスにて。

ボーディング時からものすーっごい不機嫌な日本人ビジネスマン、年のころ45(たぶん)。

ここに来るまでに何かあったの?

それともオリジナルがこうなのかしら?

「お飲み物はいかがですか。」

「ソーダ」

「恐れ入ります、もう一度お願いします。」

「んぁ?ソーダだよ(怒)。」

ひェ~!

サービス中、私が手に何か持ってる時に限って無言で呼び、ご自分のテーブルを人差指でツンツン。

あ、下げて欲しいのね。

私に3本目の腕があるといいんだけどね。

ハイハイすぐうかがいますから。

お食事を他のお客さまの席へ運んでる時も

「・・・」

ツンツン。

あのね、いまきれいなもの持ってるの。

アナタの使用済みカトラリーは・・・キタナイとは言いませんが。

まったく、食べ終わった瞬間に下げてもらいたいのね。

うーん、それを全員にするとサービス終わんないぞ。

ついでに回収したトレイ、色んなものが散っててえーっらいキタナイんですけど。

大将、だいぶ我慢しました。

プラスティック・スマイル全開。

そしてついにカチン。

ギャリーに戻り、反対サイド担当のオランダ人クルー(年のころ55、女子)に相談。

「あのさ、」

「なーに大将?」

「1Aのビジネスマンなんだけど。」

「あーあの無愛想なひと。」

「わたし今後あの人のこと、'My husband'って呼ぶからよろしく。」

「へ?もしかしてむっすりしたのがタイプ?ってかそんなに結婚焦ってんの?」

「ちがーう!」

「なんで?」

「Husbandって呼んだらちょっとでも愛がもてる気がするの。さもなくばブチギレて大変なことになりそうだから、自制。」

「ハッハー!」

以降、

'How's your husband doing?'

パーサーまで聞いてくるようになった。

'He behaves better now. All about my love, isn't it?'

|

« 食いだおれinソウル | トップページ | 同僚=オランダ人 »

お客さま対処法」カテゴリの記事

コメント

すっごい、ウケました( ̄▽ ̄)
そんなパセンジャー困りますよね。
けど、それに笑いをかぶせるのが
お上手。
そういう風に、扱っていけばいいんですね。
勉強になります。

またフライトネタたくさん
書いてください

投稿: omoni | 2011年6月19日 (日) 12時46分

素敵!
こんな乗客のもそう呼んで愛情を残そうなんて、偉い!
素人の私はランキングが好きなので
降りる時ランキングをつけたらいいと思います。
クルーにとって好意的に思えたランキング。
おとなしい。イケメン。知的。優しい。
なんでもいいけど
ランキングって人の心をくすぐるから
あまりとんでもないことできないんじゃないかな?

投稿: おた | 2011年6月20日 (月) 01時42分

<omoniさん>

はじめまして。
コメントから同業の方とお察しします。
機内という非日常の空間ではいろんなことが起こりますので、
怒りは適度な笑いに変えないとやってられません(笑)

<おた先生>

あはは、Newアイデアですね。
イケメンが乗ってきた日にゃーそれこそ大変です。
10分で全クルーに情報がまわって
その10分後にはみんな入れ替わり立ち代りで拝みに行きますから。

投稿: 大将 | 2011年6月24日 (金) 12時16分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 食いだおれinソウル | トップページ | 同僚=オランダ人 »