« 2011年7月 | トップページ | 2012年1月 »

2011年10月

乗務員交代につき。

あれま、もうすっかり秋ですわ。

さっきまで人形町歩いてましたの。

夏からウォーキングにはまってまして、一日1時間程度、時速6キロでサッサカサッサカ。

ええもう30ですからなんたって。

老化防止よ。フン。

ホイ。

この前のフライト、向こうを出発するときのことでございます。

お客さま全員乗りました。

ハーイ、on time(定刻通り)出発おめでとう!

・・・

ウカレポンチでいたら

ドアが閉まりません。

はて?

何待ち?タニマチ?

あ、相撲の観過ぎね。

オランダ人同僚とそわそわ。

そして

「レディースアーンドジェントルメーン」

キャプテンPA入りました!

Due to an operational reason, we are now waiting for an additional cockpit crew to join us. We need a crew to be replaced since one of our colleagues called sick in Osaka. A new crew has been pulled out and will arrive in 30 minutes.

I would like to apologise about the delay, but we will close the door for departure of course as soon as he arrives. Thank you for your patience.

!?

まあ平たく言うと翌朝の大阪便に乗務するはずのパイロットが病気にかかって、その代打をこっち(本国)から乗せていく必要があると。

・・・こんなの初めて。

ホントに30分、彼を待ちました。

走ってやってきた代打運転手さん→ドア即効閉まる→出発。

大きな苦情も混乱もなく

約1時間ディレイで無事大阪に着陸しましたの。

でもね

混乱は大阪で起きていた。

その日午前発の大阪-アムステルダム便が

・・・

なんと

翌日00:30発に変更!

ええ。航空法云々ありまして、私たちが乗せてきた代打運転手さんは着いてすぐ「ハイお仕事」とはならないんです。仕事の前には一定時間のrest(休息)が必要。

つまり、00:30ってのが法に触れないギリギリのラインなわけ。

この便をご利用予定だったお客さまには大変なご迷惑をおかけすることに。

そして代打の彼、

スタンバイではなく完全OFFだったらしい。

すばらしいボランティア精神・・・

| | コメント (3)

PAアレンジ術

秋です。

きんもくせいの香りがふんわりと。

10月、いいですねぇ。

朝晩の冷えがまた、たまらない。

去年までまともに四季を感じない生活してましたからinドバイ。

日本バンザイ。

さて

機内ネタをひとつ。

先日某国内系エアラインを利用したときのこと。

(ってもJ社かA社かみたいな話になっちゃいますが)

大将、席に座ったの。

「みさま、日も○○メンバー、○○をお選びくださいまして、まことにありがとうございます。」

ウェルカムPAはじまりました。

・・・えらい感情こもってますな、このパーサー。

かなり「溜め」が多い感じ。

業務連絡です(かなり高い声)。」

「客室乗務員はドアモードをオート・マティックに、変更してください。」

しかもすんごいボリューム。

こんな調子で機内設備、サービスの説明とつづき、

いよいよ鼓膜に悪いと判断したのか聴診器みたいなヘッドフォンを外すビジネスマンもちらほら。

(あ、どっちの会社かバレたわね)

懸命だわ。

大将も早々に耳栓しました。

それでもガンガン聞こえてくるからね。

到着後のPAでは

「みさま、お忘れ物など、ございませんでしょうか(かなりの上げ口調)?」

い・ま・い・ち・ど ご確認いただき、どうぞゆっ・くりとご支度ください。」

・・・

めずらしい。

日系エアラインでクラブDJ並みのアレンジ(?)。

この人はきっと社内でも有名であろう。

| | コメント (0)

ごぶさた。

大将です。

ほったらしブログを開けてみたら、あーら長いことほったらしてたこと。

更新再開します。

数日前から体調が悪いのです。

クスリのせいで得意の下痢です、うふふ。

まあ病床からぼちぼちやりますので

ふたたびお付き合いのほど。

よろしゅう。

| | コメント (2)

« 2011年7月 | トップページ | 2012年1月 »