« 2012年3月 | トップページ | 2013年9月 »

2012年4月

京都へ引っ越し

これまで

ブログ上で私の恋愛事情を公開することはありませんでしたが

いただくものをいただいてしまいましたので、報告です。

20120415_182523

結婚します。

引っ越しを控え、先週末父Tと母T子が東京へ遊びに・・・もとい、ヘルプに来ました。

合羽橋 ⇒浅草 ⇒新大久保 

なんと中年女性向きのコース。

合羽橋でうなぎ漁の籠を買い大満足の父T、

(注:うなぎ漁には漁業権が必要です)

浅草、色川で昼食

(主人はちゃっきちゃきの江戸っ子だから下手に話しかけるなと父Tに念押し。)

お腹が満たされた後は仲見世をそぞろ歩き。

広い浅草エリアでたい焼きだのせんべいだの買い食い三昧の3人。

母T子の腕にかかるビニール袋が増えてゆくのも毎度のこと。

父Tの「疲れた」発言でコーヒー休憩をとり、

「お夕飯どうしようか?」

「新大久保行ってみる?」

「おっ、あの韓国街だら?一度行ってみたかっただよ~」

ということで

ポッサムの美味しいてじまぅるでたらふく食べ

24時まで営業の韓国スーパーで海苔やらダシやら買い

一日終了。

翌日

父Tを散歩に送り出し、

母T子が荷づくりをテキパキとこなしてくれました。

今度は京都を案内するからね。もう一人じゃないけど、また来てね。

娘より

| | コメント (10)

父T in AMS②

Etc_1581

翌日、電車に乗りドイツのケルンへ。

DB(ドイチェ・バーン)ICE(インターシティ・エクスプレス)、

ドイツ鉄道の高速列車がオランダに乗り入れています。

こういった国をまたぐ車両乗り入れはヨーロッパではごく普通のこと。

Etc_1441

うーんドイツらしい男性的かつ実用的な内装。

快適さでいえば日本の新幹線がNO1ですが、タリスやTGV、ICEなどヨーロッパ高速列車のコンパクトな感じも味があって素敵です。

乗務員はドイツ人とオランダ人の混合チーム。

ばらばらにお仕事してるのかと思いきや、全員3カ国語を操るそう。

ギャリーへ行くとおじちゃん乗務員4人が仲良くドイツ語でジョークを飛ばし合っていました。

さあなぜケルンへ向かったか・・・

Etc_1641

あーらこれを駅近っていうのね。コンコースから見えちゃってるわ。

Etc_2011

ドーン!

ケルン大聖堂

世界最大のゴシック様式建築物です。

手前に写った人と比較してみて。ね、大きいでしょ。

首が痛くなった人はビアホールへ。

Etc_1881

久しぶりのドイツビールよ。

イッヒリーベ水兵リーベ。

もっぱら下戸の父Tも、「ドイツに来たんだから」と1杯飲みました。

Etc_1961

これこれ。

ザワークラウト(キャベツの酢漬け)にマッシュポテト、BIGなウルスト(ソーセージ)がのっかって・・・名付けて「極楽セット」。

滞在わずか5時間、母T子へ大量のハンドクリームとHARIBOを買い込み、

Etc_2141

アムステルダムへ。

写真はビストロ・カー(食堂車)、素敵でしょ?

| | コメント (0)

« 2012年3月 | トップページ | 2013年9月 »