カテゴリー「我が社ならでは」の26件の記事

同僚=オランダ人

転職前からこの会社のことは色々聞いていたけれど、

入社してはじめてわかることもある。

オランダ人の気質。

信じられないくらいサバサバしている。

黙々と働く。

たまにジョークを言う。

そしてまた職場に戻る。

・・・

とにかく働きやすい。英語も上手。

私の旧職場では、全員が平等に働くなんて不可能に近かった。

よってナマケモノクルーにいかに仕事を与え、働き者クルーとのバランスを取るかは、シニアの重要な役割だった。(まったく幼稚園レベル)

そんなこと考える必要もないなんて

ああこんな職場環境があったのね、アッラー。

感謝しますカムサハムニダ!

| | コメント (3)

ちょっとウキウキな5月

押忍。

5月はオランダ人ウキウキ。

われわれ日本人もウキウキ。

なぜって

ボーナス的なものがもらえるから。

ふっふ、

ボーナスじゃないんだな。

金額も・・・日本の企業と比べたらごく少なめ。

しかーし

エクストラマニ―はオ―ルウェイズウェルカム!

あ、本音が・・・(笑)

| | コメント (2)

「Husband」 or 「Boyfriend」

機内にて、オランダ人クルーとの会話。

'So, are you married?'

'No, I'm still single. And you?'

'I have a boyfriend and two children.'

'??'

・・・で、結婚は?

ううん、まだシングル。そっちは?

ボーイフレンドがいて子どもが2人。

??

'Hang on, you are not married, are you?'

'No.'

'I broke up with the father of my kids and got a current boyfriend 3years ago.'

'Ware you married with your ex partner?'

'No. He was a boyfriend, too.'

あれ、でも結婚してないんだよね?

してない。

子どもの父親とは別れて、3年前に今の彼ができたの。

以前のパートナーとは結婚してたの?

ううん、彼もボーイフレンドだった。

―――

コレ、ほんとによくある話。

オランダでは籍を入れないいわゆる「事実婚」の状態で子どもをもつ男女が多いんです。

全体の50%くらいかな。

入籍済み=Husband & Wife

未入籍=Boyfriend & Girlfriend

・・・こんな風に使い分けています。

また、

イケメン男子がダッチ・サイズの体をくねらせ

'My husband will pick me up on arrival~.'

到着したらうちの旦那が迎えに来てくれるの~♪

なんてことも、アリです。

ええ。同性同士の結婚だって合法ですから。

ブラボー!オランダ。

| | コメント (0)

契約更新

どーも、大将です。

最近部屋にこもりがち、くすぶっております。

お出かけはもっぱらHQ(本社)。

なぜかというと契約更新なんですわい。

入社して3年経ちますので、ね。

(注:わが社のキャビンクルーは3年契約制)

就労VISAの更新やらエイズ検査やら、いろいろやるわけ~

正直1年もてばいいと思ってたのよ。

そしたらあっ!という間にここまできてしまって・・・

早いわー

わたし「石の上にも三年」タイプだったんだわ。知らなかったけど。

一途なオ・ン・ナ♪

よし、きれいにまとまった。

| | コメント (2)

スタンバイ

あのね

以前しゃべったかもしれませんが、今月リザーヴ(resereve)なんです。

7か月に一度まわってくる、スケジュールの出ないスタンバイの月。

そんでね

スタンバイに2種類ございましてうちの会社、

①自宅スタンバイ

・・・会社が指定する時間帯に自宅で待機。フライトに欠員が出た場合電話が鳴る。行き先を告げられ、45分で支度をしてCBC(クルー・ブリーフィング・センター)へ向かう。

②空港スタンバイ

・・・ユニフォーム着用&パッキングしたスーツケースを持ち、CBCのスタンバイ・ラウンジにて待機。急な欠員が出た場合呼ばれ、行き先を告げられた2時間後には機内で仕事をしている。

どっちがアサインされるか、何時からのスタンバイかはその日によるのよ。

もちろん呼ばれないこともあると。

そしてよこしま大将、

明日の空港スタンバイで呼ばれないことを願っていると。

同期とランチに行くためと。

・・・

お後がよろしいようで。

| | コメント (0)

商売道具

Red_001

シャネル60番、

興味がある人はコスメカウンター寄った時にでも見てみて。

これでもか!!っていうくらいの赤。

まぁあたしら慣れちゃったけどー

| | コメント (1)

太っ腹エアライン?

トレーニング初日、終了。

今日思ったのは・・・

会社がクルーのトレーニングにかける費用の莫大なこと!

ええ

ここ(トレーニング・カレッジ)に来るたびに思いますわ。

なんと贅沢な訓練施設!

巨大なビルにピカピカのモック・アップ(トレーニング用模型)がいくつも。

もちろん本物のケータリング付き、アルコール以外は何でも出ます。

ドバイのバブルは崩壊したっつーのに

不安になるくらい元気です、

何故か。

| | コメント (2)

本社にあるもの

Vce_037

最近、

わが社の本社屋にフローリスト(花屋)がオープンしました。

限られたスペースに色とりどりの切り花、鉢植、クリスマスリースなど

意外と充実。

切り花なら一本から買えますし、

お願いすれば立派なブーケもつくってもらえます。

フライト後に立ち寄って、

「今日は何にしようかな?」

なんて、いいかもしれません。

ほかにも

会社のオリジナルグッズを扱うショップが入っていたり

Gift_001

(写真はエアクラフト型クリップ)

あとは銀行でしょ、電話局、カフェテリア・・・

なかなかどうして、社員のことを考えてくれているような。

欲をいえば両替所とスーパーを加えてくれたら

ステキ♪

完璧ッス。

| | コメント (3)

毎月23日はロスターの日

こんにちは、大将です。

夕方からのコロンボ線に向け、パッキングしながら更新。

ほい。

そんで明日、23日は

ビジネスクラスクルーの翌月ロスターが発表される日です。

基本的に。

なぜ「基本的に」かというと、

・・・

会社がテキトーだからです(悲)

23日というのは、本来その日であるべき日なんだけど

月によっては24日だったり、25日だったりします。

おっそいよー

月始めの予定が立てらんない。

(ちなみにエコノミークラスにいた頃は26日だった)

それでもなんでも

毎月23日になるとせっせとPCを開いてロスター出たかな?とチェックする、けなげな私たちクルー。

前出のとおり、よく裏切られます。

さて

今回はワンダフォーなことが起こりました。

ワタクシ大将、

ちょっとした裏テクニックで早々に来月のロスターチェックしちゃったんです。

そうしたら

なんと

JFK(ニューヨーク)2daysが入っていた!!

ぶらぼー★

先月涙を呑んだNYに、2日ステイですョ。

8月1日よりA380のJFK線がスタートする関係で既存のフライト(B777使用)が週7便から週4便に減ったため、ラッキーなことに2daysのJFKができたのでーす!

ご先祖さまありがとう

とくに眞一じィちゃん

この前お仏壇に手、合わせておいてよかった。

他にも、リクエストしたものは全部入ったダス。

文句ナス。

なむなむ~

というわけでコロンボひとっ飛びしてきます。

アディオス!

| | コメント (3)

OFFの売買

あはは、ちょっと意味深なタイトル。

こんにちは大将です。

5日間に3本のターン(日帰りフライト)で

だいぶ体、まいってます。

ほい。

そんで今日は

-OFFの売買-

わが社では、クルーのあいだでOFFが売り買いされています。

決まった日にOFFが欲しい時って、ありますよね。

でもそんな日に限ってお仕事・・・

そういう時に使う手段が、コレ。

念のため言っておくと、

これは会社側は推奨も管理も、とにかく一切関与していないこと。

つまりクルーの中でお互いの利益のためにやっています。

大将もたまにやってます。

最近の話だと

7/1、7/2にアサインされていたチェンナイ(インド、ターン)を、

「400ディラハム(約12,000円)でOFFと変えてください」

という風に、クルー用サイトの掲示板で宣伝

結果

どごぞのなにがしがチェンナイを飛んでくれ、

大将の7/1、7/2はOFFに。

1本に12,000円も!?

と思います?

でも

OFFのリクエストがとおりにくいビジネスクラスにおいて

この金額は妥当。

それに拘束12時間以上でターンのチェンナイ、過去に何度か乗務してものすごく疲れるの分かってて。どうしても飛びたくなかったし、何より少しでも長く日本にいたかったから。

さて

気になるのがその相場。

まあフライトの大変さ、日数によりますわね。

ドバイから片道1時間余りのドーハ、マスカット、バハレーンなんかは200ディラハム(約6,000円)くらいでいけるんじゃないかしら。

逆に、みんなの嫌うダッカ(バングラデシュ)のターンなんて、500ディラハム(15,000円)オファーしてもダメなときはダメ。

それからレイオーバー(ステイありのフライト)の場合、人気があるルートならOFFを持っているクルーからオファーがきます。

「アタシのOFFとアンタの大阪、変えな~ィ?」

って。

そういうときはもちろんタダですよ。

人気フライトとOFFの交換は、双方に利益のあることですから。

ハイ。

こうして十分にOFFを持っている人は、うまくやれば商売ができるわけ。

実際、

掲示板をマメにチェックしておこづかい稼ぎしてるクルーもいる

という話。

ただし先にも述べたように「〇〇ディラハム!」という風にオファーの出るフライトは、長かったり客層が良くなかったり・・・それなりに大変ですけど。

まあ日本人はもっぱらOFFを買う側ですね。

なぁんて

私たちのウラ事情でした~

これからちょっくらバハレーン、行ってきます(^^)/

| | コメント (0)

より以前の記事一覧