カテゴリー「美容・健康管理」の6件の記事

ジンジャー・シロップ

ここ最近6時半きっかりに目が覚めます、大将です。

朝食をすませて、今日は何をすっぺーか。

うまいこと晴れてるしいまのうちにお洗濯かねやっぱし。

はー

帰国以来すっかりぬるま湯に浸かっております。

プカプカ。

Gn_002

夏でも冷え性なアナタにおすすめ、

生姜屋さんがつくったジンジャー・シロップ。

これすごいわよ。

10倍のお湯で薄めて飲むんだけど、飲んでる最中から体ポーカポーカ。

実はワタクシ普段から下半身冷えが激しく、

ちょっと前に行ったマッサージでも

「下半身冷たいですよー。」

「気を付けてくださいね、冷えてる箇所の脂肪は絶対落ちませんから。」

と言われてしまった。

・・・しゅん。

体温はちゃんと36、5度あるのに末端が冷えやすいのよね。

一年中裸足でパンプス履いてるのが原因かしら。

コーヒー好きだし。

お酒も。

あら、冷えの要素満載ね。

| | コメント (2)

消したい過去?

C_001

むかしむかし大将は真っ黒でございました。

とにかく、屋内で遊んだ記憶なし。

実家の引き出しを開けるとそこには

藍色のゆかたで暗闇に紛れ、目と歯だけ光ってる自分の写真が・・・

物心ついて以来一度も日焼けしてないんだけど

いやね

過去は簡単に消せないものです。

女盛り(?)のいま、シミやソバカスの猛攻撃を受けるはめに。

いうことで

ビタミンCの登場。

数か月前、行きつけの美容皮膚科で処方してもらいました。

冗談は顔だけにして’〇AKU2’’ハイ〇オールC’の数倍効くわよ。

「高額化粧品より美容皮膚科」

これ、ホント。

| | コメント (4)

お風呂のあとは…

この2つ。

Blog_007

ロレアル・パリから出てる「ケラスターゼ」。

ドライヤーで髪を乾かす前につける、洗い流さないタイプのトリートメントです。

ファッション誌なんかではもうお馴染み。

使って一年ですが、文字どおり「手放せません」

Blog_006

スイス?のメーカー、「ヴェレダ」。日本でもちょっと有名になってきました。

これはマッサージ用のアロマオイル。

お風呂あがりの血行が良くなった脚を、これでさらにモミモミ。

同時にいい香りでリラックス。

われらが敵、セルライト撃退!

う~ん、お風呂に入りたくなってきた♪♪

| | コメント (3)

のんべえ

Blog_008_2

飲むじゃないだよ、言っとくけん。

お風呂用。

藤原紀香が「お風呂に日本酒入れると肌がつやつやになっていい」って言ってたもんで、真似っこ。

―――

こんにちは。

27時間の日本滞在を終えてドバイに戻ってきました。

いやー、27時間なんて短い短い。

滞在中いちばんテンションが高いのは、空港からホテルに向かうバスの中。

「やっと一杯やれるゥ!」

とか、

「飲んだあとは岩盤浴ね!明日は買い物♪」

とか考えながら、そりゃ楽しいもんです。

いちばんテンションが低いのは、いわずもがな、ステイを終えてホテルから空港に向かうバスの中です。

本当にみじめです。

そんな時は日本人クルー全員で、会社を呪います。

片道10時間のフライトに27時間ステイ。

・・・短いんじゃい(怒)!!

| | コメント (0)

何はなくともサプリメント!

こんにちは。

最近良い調子で更新中の大将です。

調子が良い理由は色々あって・・・まあ言ってしまえば「ヒマ」なんですが(笑)。

つまりちょっと時間のある時期なんですね、今。

あ、でもちゃんとお仕事してますよ!念のため言っておきます。

さて、タイトルから違う話になってしまう前に。

大将は毎日、これだけのサプリメントを飲んでいます。

2007_02220048_3左から・・・

スピルリナ、チョコラBB、

ビタミンC,E

スピルリナは、友人に勧められて何年か前に飲み始めました。

コラーゲンも入った、マルチビタミンの高級版という感じです。これを飲んでいるせいか、ドバイにいてお通じがない朝は殆どありません。

ブラボー☆〃

チョコラBB ←吹き出物対策。

ビタミンC,Eは・・・日本にいた頃、たまたま入ったマッサージ店の店長さんが「女はビタミンCとEさえ飲んでいればいいのよ」みたいなことを言っていたので。それを信じて。

他にも水を1日2リットル摂る、とか、玄米や粟、きび、大麦などを入れた雑穀ごはんを食べる、とか、色々やっています。

私たちの場合、低気圧、低湿度という機内で働くことから、一般の方より老化が早いと言われています。睡眠や食生活、それからスキンケアに気をつけていないと体がどんどん老化していくという話もよく聞きます。

防腐剤の入った機内食をフライトの度に食べることも、体には大きな負担ですし。

健康、美容維持に関して、キャビンクルーが抱える問題は山ほどあるのです。

| | コメント (2)

大将の七つ道具

2007_0123etcetra0071_1 お化粧ポーチを覗いて、

出勤前のメイクに使うアイテムを

集めてみました。

↑ざっとこんな感じ。

ここでみんなの共通意見。

  「スチュワーデスさんはいつもお化粧バッチリ」

・・・そのとおり。

航空会社によってももちろん違いますが、一般的に客室乗務員というのは、目がさめるくらい鮮やかなアイシャドーに、今どき白無垢の花嫁さん以外はしないでしょ~っていう真っ赤な口紅がトレードマーク

大将の会社でも、

  • ベージュ~ブラウン系のアイシャドウ
  • ピンク味を帯びていない赤の口紅

この二つは絶対条件です。

さて、

今回は少し長くなりますが、大将の七つ道具をご紹介します。

まずはベースメイク

2007_0123etcetra0064_1 左から

日焼け止め、化粧下地、ファンデーション、

ハイライトパウダーとフェイスパウダー。

浮気せず数年来愛用しているものばかりです。

アルビオンのファンデーションはここ1~2年で美容雑誌の常連になりました。大将もかれこれ4年のお付き合いです。

アルビオンはファンデーションだけでなく、ベースや基礎化粧品も本当に良い製品が揃っています。ちなみに写真にあるエレガンスの下地も、実はアルビオン社がエレガンスのために作ったものです。

次に眉毛(を描くためのもの)

2007_0123etcetra0065下が資生堂の眉墨(③ブラウン)、

上がマジョリカマジョルカのアイベンシル

それぞれ

\210、\420(本体パーツ別売り)と、激安☆

眉墨なんて、高校生でお化粧を始めて以来これしか買ったことないかも・・・

アイメイク

2007_0123etcetra0066_1 左から

シャネル「ル・キャトルオンブル51」、

インウイ「リキッドアイライナー」、

前出のマジョリカマジョルカと、オペラ「マイラッシュマスカラ」

スチュワーデスは目元が命!

これで目力1、5倍に・・・なってるといいナ。

チーク

2007_0123etcetra0068 評判を聞いて

フライト中、機内販売で購入しました。

ボビィ・ブラウン「シマー・ブリック」

はりきってつけ過ぎると「おてもやん」になってしまうので、いつも「足りないかなー?」というところでストップしています。

私が使用しているのはブラウンですが、他にアプリコット、ベージュなども日本人の肌と馴染みがよく、オススメです。

最後に口紅

2007_0123etcetra0069左からシャネル20番、

PUPA(ピューパ)37番、

リップブラシ(たしか100均で買った)

PUPAはドバイに来てすぐ、訓練中教官に「赤いリップを」と言われて購入しました。鮮やかな赤がいかにもスッチー☆ 発色の良いイタリアンブランドです。

これに普段づかいのシャネルを混ぜて少しマイルドな色味を作っています。

おまけ

2007_0123etcetra0070縁の下の力持ち

陰で大将を支えてくれている

リップクリームと目薬

湿度10~20%の機内では、何よりこの二つが欠かせません。

余談ですが、

以前ロンドン・ヒースロー空港でテロ未遂の騒ぎが起きた際、事件当日からしばらくの間イギリス本土発の全てのフライトにおけるスプレー、ジェル、クリーム、リキッド(液体)の機内持ち込みが禁止されました。

これにはもちろんハンドクリームやリップスティック、目薬なども含まれていて、その日イギリスの別の空港からドバイに帰って来た大将たちクルーは6時間半のフライトを終えたとき顔も唇もガサガサ、目は充血、髪も乱れて、まるで疲れたサラリーマンとOLでした。

 「ひどいねー」

 「みんなクルーじゃなくてただの人になってるね~」

って(笑)。

お互い笑いっこ。

そんなわけで話を元に戻しますと・・・

大将は出勤前、写真に出てきた順序でメイクをします。

飛び始めたばかりの頃はトータル30分かけてやっていました。

でも今は15分でこれを全て終えることができます。

日頃の鍛錬のおかげかしら?

ううん、それもあるけど・・・

メイクが手早くできる = ギリギリまで寝ていられる

これなんですね。

さて、

次回はフライト前の準備で大切なもうひとつのこと、

「ヘアスタイル」について。

それでは、長い間お付き合いくださってありがとうございました。

アディオース!

| | コメント (0)